借り入れと消費者金融 借り入れ金額と利用方法

借り入れと消費者金融 借り入れ金額と利用方法では、消費者金融における借り入れについて説明をしています。

返済計画について

無理な借り入れをしない

前項で収入と支出のバランスについて述べていきましたが、このバランスが崩れるということは無理な借り入れを行っているということになります。

無理な借り入れとは、返済額が多すぎて日々の生活を圧迫してしまうような借り入れを行うことで、たとえば消費者金融側は消費者の収入や他社での借り入れ状況などは調べることができますが、生活の中での支出に関しては見ることができません。

ですから、たとえば消費者金融から借り入れが可能と判断された限度額であっても、限度額いっぱいに利用すれば無理な借り入れになってしまう可能性は大いに考えられます。

そういった無理な借り入れを行った結果、返済が苦しくなってきたり、できなくなってしまうということになるのです。

また、安易な借り入れによってまだ大丈夫だろうと安心してお金を使っている人というのは、大体は借金をしているという感覚が希薄な場合が多いですから、かなり苦しい状況になってからでないと気が付きませんし、その時には手がつけられない状況になっていることも決してめずらしいことではないのです。

無理な借り入れは消費者自身の生活を苦しめてしまうだけでなく、人生も狂わせてしまう可能性があるということを肝に銘じておいてほしいと思います。

消費者金融は大変便利ですが、一歩間違えれば自分の首を絞めてしまうものですから、返済計画はきちんと立てて返済が滞るようなことのないようにしましょう。